DOUBLE STEAL

Double Steal(ダブル・スティール)

 お仕事をしている時に、「あっ、これ欲しいなっ。でもこっちも欲しいな。。」ってこと、よくあるよね? いや、あたいには良くあることなんだけどさ・・・。 でも、同業者の人は知ってると思うけど、Stealingスキルって連続して使えないんだよね。 次のStealingスキルが使用できるようになるまでの遅延時間は10秒、たった10秒かもしれないけど、とっても長い時間なんだ。 最初の1個は無事盗めたとしても、次のStealingスキルまでの間に相手は自分が狙われていることに気付いちゃうかもしれない。 完全成功したとしても相手が自分の荷物を見ていたら異変に気付くだろうし、何よりStealingスキルを使うと姿が出ちゃうから怪しいことこの上ない。 当然のことながら、気付かれちゃったら相手は逃げちゃうよね?

 そんな時にあたいが良く使うのがダブル・スティールって呼んでいる技なんだ。 ダブル・スティールっていうのは、スキル遅延時間とターゲット待機時間をうまく使って、連続的に盗みを行うことをあたいが勝手にそう呼んでるんだけどね。 Stealingスキルのスキル遅延時間(発動してから次のスキルが使えるようになるまでの時間)は10秒、Stealingスキルのターゲット待機時間(ターゲット指定のカーソルが有効な時間)も10秒なのね。 ただし、Stealingスキルの遅延終了判定は微妙にこれとは違っていて、いくら10秒経ったとはいえ、スキル使用直後には使用できない仕様になっているの。 その時間は体感で1秒くらいかな? ということは、最初のStealingスキルを発動してから10秒直前にアイテムを盗み、その1秒後に再度Stealingスキルを使用することで(若干の遅れはあるけど)連続で盗みが出来るってわけ。

 まぁ、理論だなんだって言われてもしっくりこないよね? こういうのって実際にやってみるのが一番だから、実践で説明するね。 ダブル・スティールは実際にこんな感じなんだ。

最初に盗むアイテムをラストターゲットに登録する。

 例えばこの2つのドライフラワーをダブル・スティールで盗ってみるね。 ダブル・スティールの最初の盗みはラストターゲットで盗む方が時間効率が良いから、まずは最初に盗むアイテムをラストターゲットに登録しておこう。

最初のStealingスキルを発動する。

 ここで最初のStealingスキルを発動するんだ。 ここから10秒直前まで待つことになるんだけど、その間に次に盗むアイテムにカーソルを当てておくと良いよ。 2回目の盗みはターゲット指定で直接盗むことになるから、カーソル位置を予め合わせておくってわけ。 こういう細かい所にも手を抜かないことが成功への秘訣・・・かな?

Stealingスキル発動から9~10秒の間辺りで、ラストターゲットで最初の盗みを実行する。

 Stealingスキル発動から9~10秒の間辺りで、ラストターゲットで実際に盗みを実行しよう! スキル発動から10秒を超えると待機時間オーバーになっちゃうから、あくまで10秒直前に実行ね。 あと、この時点ではラストターゲットのキーを押すだけなので、カーソル位置は次に盗むアイテムの上のままだよ。

ラストターゲットでの盗み実行から1秒後に次のStealingスキルを実行する。

 ラストターゲットでの盗み実行から1秒後に次のStealingスキルを発動させます。 この1秒っていうのが、最初に言った「Stealingスキル使用後1秒間は次のStealingスキルが使えない」というシステム制約だね。

2回目のStealingスキル実行は、ターゲットで直接してする。

 最後は、カーソル直接指定で2つめのアイテムを盗むだけ。 ちゃんとカーソルの準備をしてれば、Stealingスキル発動後に左クリックするだけで盗めちゃうよ。

 ダブル・スティールは2つの物を一気に盗れるっていうメリットがあるけど、この世界には光と影があるように、やっぱりデメリットもあるんだよね。 ダブル・スティールは、最初のStealingスキル発動から約10秒間を待つ必要があるよね? Stealingスキルを発動したってことは、どんなにHidingスキルに熟練していても姿が出ちゃうんだよね。 あたいたちシーフの行動の基本は「いかに相手に気付かれずに行うか」ってことだから、姿が見えるのはとっても厳しいことなんだ。 だから、ダブル・スティールも時と場合によって使い分けるようにしてるよ。

■ ムービー

一覧にもどる