STEAL HIDE

Steal Hide(スティール・ハイド)

 今度はスティール・ハイドっていう技を紹介するね。 これは、さっき紹介したダブル・スティールの応用技になるんだ。 まだダブル・スティールを理解してない人は、先にそっちを理解してね。

 ダブル・スティールはスキル遅延時間とターゲット待機時間を利用した技だったんだけど、今回のスティール・ハイドも原理は全く同じなの。 普通なら盗んだ直後はスキル遅延時間の制約でハイドすることができないんだけど、最初のStealingスキルをターゲット時間ギリギリまで待って実行すれば、その1秒後にはやっぱりハイドできちゃうんだよね。 スキルの発動や実行のタイミングはダブル・スティールの時と全く同じだから、今回は詳しく説明しないよ。 2回目のStealingスキル発動をHidingスキル発動に変えるだけだから、結構簡単だよね?

 ただ、気をつけたいのが最初の盗みに失敗した場合。 相手に盗みの現場を押さえられちゃったら、ガード様を呼ばれて・・・あたい達は灰色の世界に旅立っちゃうよね? それは、いくらスティール・ハイドで姿を隠していても同じなんだ。 つまり、いくら姿を隠していたってガード様には通用しない、その時は・・・諦めるしかないね。 相手やガード様を恨む前に、盗みに失敗した自分の腕前を恨むべきだよ、そうぢゃなきゃ進歩なんてないからね。

 「ガード様に通用しないんじゃ意味が無いんじゃないの?」なんて思っちゃう人も居るかもしれない。 だけど、それは違うんだよ。 詳しくはまた別の機会にゆっくり話そうと思うんだけど、あたい達がこの世界で生きていくためには、常に先を考えなきゃならないのね。 あたいにはStealthスキルっていう凄く強力な武器がある。 だけどStealthスキルは隠れていないと使えない。 スティール・ハイドで姿を隠しておくことで、次の行動(Stealthスキル)につなげることが出来るんだ。 ましてや、盗みを終えた後は、盗みがどんな結果に終ったにせよ、あたい達は追われる立場だ。 ありとあらゆる手段を使って生き抜いていかないとね。

ダブル・スティールと同様に、最初のStealing発動から9~10秒後に盗みを完了し、その1秒後にHidingスキルを実行する。

 盗みを行った直後に、Hidingスキルで隠れたことが分かるかな? まっ、あたいの手にかかれば、相手は盗まれたことすら気付いてないだろうけどね。

■ ムービー

一覧にもどる